性病検査キットと病院の「値段の違いを比較」

病院・性病検査キット値段はどっちが安い?

自分で調べる【郵送タイプの性病検査キット】を使おうと考えている人は

・性病検査キットの値段はどれくらい?
病院での検査と郵送タイプの値段の違いは?
これらが気になると思います。

こちらでは、性病検査キット(郵送)と病院の値段の比較表を作りましたので参考にしてください。

性病検査【病院・郵送キット】値段比較表

 病院性病検査キット
(STDチェッカー)
初診料846円
再診料219円
その他処置・治療等を行った際は別途費用
B型肝炎
C型肝炎
4880円4860円
クラミジア
淋菌
カンジダ
トリコモナス
1908円7290円
HIV(エイズ)2920円4968円
梅毒2210円3240円
ヒトパピローマウイルス6800円7290円
注意
※病院の料金については、こちらのクリニックを参考にさせていただきました。
※上記の値段は保険適応での値段になっています。(病院によって費用は変わってきます)
※上記の性病検査キット(STDチェッカー)の料金一覧はこちらで見れます。

病院で性病検査を受ける時の「値段」の注意点

注意
病院では、診察料がかかります。
初診だと初診料がかかり、再診だと再診料がかかります。

また、検査を受ける際に処置を受けた場合は、処置料がかかります。

性病検査キット(郵送タイプ)「値段」の注意点

注意
STDチェッカーの場合、送料もすべて検査キットに含まれています。
なので、別料金がかかってくることはありません。

性病検査キット(STDチェッカー)の料金一覧はこちらで見れます。

STDチェッカーの正確性は?

STDチェッカーは、病院と同等の検査を行ってくれます。
実際に、医療機関等の検査を行っている場所なので、正確性は、病院で行ったものと、精度に変わりはありません。

STDチェッカーのおすすめポイント

STDチェッカーの検査申込書

ポイント
送られてきた検査キットを郵送する際は、住所・氏名・電話番号などは記載しません。
自分で決めたID・パスワードなどを記載するだけです。
そのID・パスワードを使って、STDチェッカーの公式サイトにログインすれば検査結果がわかるようになっています。
>>STDチェッカーの口コミはこちらで確認できます